株式会社ニューテック株式会社ニューテック

コンクリート構造物の調査・診断

構造物調査

地中レーダ探査・トンネル覆工背面探査

次世代アンテナ「ハイパースタッキングアンテナ350MHz」と高性能GPRデータ収録装置SIR4000を組合せた最新式の地中レーダです。

地中レーダ探査・トンネル覆工背面探査

トンネル探査用レーダステイ(作製中)
トンネル探査用レーダステイ(作製中)

構造物外観調査

目視、打音などによりひび割れなどの劣化状況を把握します。

海洋構造物の調査(フィリピン)
海洋構造物の調査(フィリピン)

橋梁の調査
橋梁の調査

橋梁点検車による調査
橋梁点検車による調査

チェアゴンドラによる外壁調査
チェアゴンドラによる外壁調査

ゴンドラを使用した煙突の調査
ゴンドラを使用した煙突の調査

高所作業車による陸橋の調査
高所作業車による陸橋の調査

高所作業車のよるトンネル調査
高所作業車によるトンネル調査

目視・打診調査
目視・打診調査

配筋調査

鉄筋の位置、かぶり厚さの測定を行うことが可能です。

◇電磁波レーダ法

ストラクチャスキャンSIR-EZ
ストラクチャスキャンSIR-EZ

ハンディーサーチNJJ-95B
ハンディーサーチNJJ-95B

橋梁点検車による調査

チェアゴンドラによる外壁調査

電磁波レーダ法の測定例、マーカのついている位置が鉄筋位置です。

◇電磁誘導法

フェロスキャンPS-200
フェロスキャンPS-200

電磁誘導法の測定例
電磁誘導法の測定例

プロフォメーター
プロフォメーター

コアによる圧縮強度試験

実構造物からコンクリートコアを採取します。採取したコアから供試体を作製した後、圧縮強度試験を実施することによって、構造体コンクリート強度を推定します。

コア採取 φ50~φ400mm(JIS A 1107)
コア採取 φ50~φ400mm(JIS A 1107)

コア供試体による圧縮強度試験φ50mm~φ300mm
コア供試体による圧縮強度試験
φ50mm~φ300mm

シュミットハンマによる圧縮強度推定調査

テストハンマーによる反発硬度測定状況
テストハンマーによる反発硬度測定状況

鉄筋腐食度調査

◇自然電位法

鉄筋コンクリート中の鋼材腐食度を、自然電位法により測定を行います。

測定状況
測定状況

測定例 測定した自然電位のマップ図
測定例 測定した自然電位のマップ図

◇分極抵抗法

鉄筋コンクリート中の鋼材の腐食範囲および腐食速度を分極抵抗法で測定します。

橋梁点検車による調査

◇はつり法

電動ピック等を用いて鉄筋をはつり出し、鉄筋腐食の状態を目視観察により判定します。

鉄筋はつり出し状況
鉄筋はつり出し状況

はつり後 鉄筋腐食状況
はつり後 鉄筋腐食状況

塩化物試験

深さ方向に濃度を測定することによって、コンクリート内部の分布を把握します。
かぶり調査と同時に行うことにより、鉄筋腐食の危険性の判定や、将来の塩分濃度の予測をすることが可能です。

試料 採取状況(小径コアの場合)
試料 採取状況(小径コアの場合)

採取コア状況
採取コア状況

ドリル法による粉末試料採取状況
ドリル法による粉末試料採取状況

塩化物試験状況(ニューテック試験所)
塩化物試験状況(ニューテック試験所)

海洋構造物の塩分の拡散状況の分析結果の例 コンクリート表面に近いほど塩分濃度が高いのがわかります。
海洋構造物の塩分の拡散状況の分析結果の例、コンクリート表面に近い程塩分濃度が高いのが分かります

中性化試験

中性化深さを測定し、鉄筋コンクリート構造物の耐久性を判定します。
コンクリートは、強アルカリ性を示すが、空気中の二酸化炭素等と反応し、中性化に移行する。
中性化が鉄筋近傍まで達すると、鉄筋が腐食しやすい状態となり、この状態を確認し、構造物の劣化状況を把握します。

コア割裂法(JIS A 1152)
コア割裂法(JIS A 1152)

小径コアの側面法(ソフトコアリングC+)
小径コアの側面法(ソフトコアリングC+)

ドリル法(NDIS 3419)
ドリル法(NDIS 3419)

はつり法(フェノールフタレイン塗布)
はつり法(フェノールフタレイン塗布)

小径コア(ソフトコアリング)

◇小径コア採取法(ソフトコアリング)

実構造物からコンクリートコアを採取します。採取したコアから供試体を作製した後、圧縮強度試験を実施することによって、構造体コンクリート強度を推定します。

コア採取(小径コア)φ18~φ26mm(ソフトコアリング協会会員)
コア採取(小径コア)φ18~φ26mm
(ソフトコアリング協会会員)

小径コア供試体による圧縮強度試験φ18~φ26mm
小径コア供試体による圧縮強度試験
φ18~φ26mm

◇ソフトコアリングとは?

直径20mm程度の小径コア供試体から直径100mmのコア供試体の圧縮強度による推定法と同程度の精度で構造体コンクリート強度を推定できる。

ソフトコアリングとは?

ソフトコアリングとは?

【ソフトコアリングのメリット】

・採取コア供試体径が小さいため、構造物への損傷を軽微にすることができる。
・従来不可能とされていた柱・梁などの主要構造部材から構造体コンクリート強度を直接的に調査できる。
・コア供試体採取が比較的簡単であり、従来大変であった上向きのコア採取も容易となった。

コア採取
コア採取

ひび割れ深さ・内部欠陥測定

◇超音波法

コンクリート構造物の表面ひび割れ深さを、ひび割れの影へ2次元的な回折波が進む原理を利用して、ひび割れ深さを測定します。

ひび割れ深さ測定概念図
ひび割れ深さ測定概念図

測定状況例
測定状況例

◇コンクリートの厚さ・内部欠陥測定

コンクリートの片面から厚さを測定する手法により、内部空洞やジャンカを測定します。透過法の適用できない壁面や高い柱の打ち継部の内部欠陥も測定できます。

内部欠陥測定(透過法)
内部欠陥測定(透過法)

内部欠陥測定(繰り返し加振法)
内部欠陥測定(繰り返し加振法)

CTG-2

衝撃弾性波の多重反射を利用し,コンクリート内部の欠陥だけでなく,コンクリート躯体寸法を測定します。トンネル覆工厚さ測定も可能。コンパクトな機器でスピーディに対応いたします。

補修・設計・ひび割れ診断

◇補修・設計

診断の結果をもとに、今後の点検・管理を踏まえ最善の対策を立案し、補修を行います。

補修・補強設計

ひび割れ診断報告書・クラックスケールにおけるひび割れ測定